オートクチュールダイエット 食事のポイント

オートクチュールダイエット食事のポイント①

やせるための食事の秘訣をアドバイス!
概日リズムに合わせた食生活を実践!

カロリーよりも、いかに食の質を高めるかが重要です。人間の体には、本来の「排泄」「摂取」「吸収」のサイクルがあります。
これを「概日リズム(マザーネイチャー)」と呼びます。1日を3つの時間帯に分けて、それぞれの時間帯を上手に意識した食生活を送ることによって、カロリー計算に惑わされず、本当に必要な栄養素をベストなタイミングで摂ることで、脂肪が燃えやすい体を目指すことができます。

概日リズム(マザーネイチャー)

食事のポイント:概日リズム(マザーネイチャー)

①排泄

食べたものや体内に蓄積した毒素や老廃物を効 率よく排出する時間帯。 朝食は、フルーツ単品がお薦め。

②摂取

栄養をしっかり摂る時間帯。 食べた物を取入れて消化する機能がもっとも 効率良く促進される。バランスの良い食事を摂り、 就寝3時間前までにすませましょう。

③吸収

栄養を体の中に取り込む時間帯。 食べた栄養の吸収が もっとも効率よく促進されます。就寝30分前まで、フルーツ単品ならOK!

オートクチュールダイエット食事のポイント②

★キレイと元気を手に入れるための酵素と食生活を実施!
解毒力を高めて、きれいなカラダに徹底リセット!

私たち現代人は、有害物質などを多く取り込みやすい環境に生きています。私たちの体の中には、知ら ず知らずのうちに、食べ物を通して、食品添加物や鉛、 水銀などの有害物質が取り込まれています。 人間は、元々、体内に入った毒素を体外に排出する解毒能力を持っています。しかし、現代では体内に 入ってく る有害物質の量が大量なため、本来持っている解毒の力では、補うことが難しくなっているの が現状です。 また、運動不足や、栄養の偏り、基礎代謝の低下から、うまく毒素を排出できなくなります。 また、この有害物質は体内で働く酵素の働きの邪魔をして代謝 を落とし、むくみや便秘を引き起こし、 ダイエットの足を引っ張っていることが多いとされています。 1日で使用する酵素の量は決まっています。食べ物を 消化することに使ってしまうと、脂肪を燃やすほ うまで回りません。概日リズムに合ったタイミングで酵素を上手に使い、必要な栄養素を効率よくと ること で、脂肪を燃やすこともできます。普段の食生活を見直し、解毒力を高めて、きれいなカラダに 変身しましょう。

●酵素は、体内の代謝に必要なもので、酵素がないと食べたものを消化吸収することも脂肪を燃やすこともできません。 5000種類以上ある酵素の中で重要な酵素は大きく分けて3つあ ります。

①代謝酵素(脂肪を燃やすために使う)

栄養を吸収する、脳を正常に働かせる、筋肉を動かす、体の中の老廃物を 排出するなど、生きていく上で必要な活動すべてにかかわる酵素。 代謝酵素の働きがよくないとダイエットはうまくいかず太る可能性もあります。

②消化酵素(食物を消化するのに必要)

栄養を体の中に取り込む時間帯。 食べた栄養の吸収が もっとも効率よく 促進されます。就寝30分前まで、フル ーツ単品ならOK!

③食物酵素(有毒なものを排出するのに必要)

生の食べ物に豊富に含まれている酵素。食材そのものが消化する働きを 持っている。消化酵素の働きをサポートします。

●どの食物にも食物酵素が含まれています。火にかけたり精製することで、食物酵素は壊れてしまうため、消化酵素が必要となります。

フルーツ

オートクチュールダイエット食事のポイント-フルーツ
  • 生のフルーツは消化酵素不要
  • できるだけ生がお勧め
  • 消化時間:30分

野菜

オートクチュールダイエット食事のポイント-野菜
  • 生の野菜は消化酵素不要
  • できるだけ生がお勧め
  • 消化時間:3時間

肉・魚・乳製品

オートクチュールダイエット食事のポイント-肉・魚・乳製品
  • 酸性(肉は塩酸)の消化酵素が必要
  • 魚は生であれば消化酵素は不要
  • 消化時間:4時間

米・麦・豆・芋類

オートクチュールダイエット食事のポイント-米・麦・豆・芋類
  • アルカリ性の消化酵素が必要
  • 消化時間:3時間

オートクチュールダイエット食事のポイント③

ダイエット食の春夏秋冬!
旬の食材で免疫力を高め、代謝のいい体を作る

旬の食材(特に野菜)とは収穫量が最も多く、栄養価が高くなる食材のことです。栽培技術や保存技術の発達で、一年中色々な食材が手に入ります。 しかし、野菜やフルーツ、魚介類には、旬があります。 旬の食材とは、収穫量が最も多く、栄養価が高くなる食材のことです。 夏が旬の食材には火照ったカラダを冷ます効果が、冬が旬の食材には冷えたカラダを温める効果があります。 栄養素においても冬のブロッコリーは、夏の2倍のビタミンCです。一年中食べられるようになっても、旬の食材を選ぶことで、季節感のある食事は、 心を豊かにしてくれて、ダイエットを楽しくさせてくれます。 また、旬の野菜やフルーツには、「酵素」がたっぷり含まれているので、免疫力を高める効果が期待でき、代謝のいい体作りを目指すことができます。

食事のポイント:春

魚介類

オートクチュールダイエット食事のポイント-春-魚介類
  • あさり
  • はまぐり
  • しらす
  • かつお、など

野菜類

オートクチュールダイエット食事のポイント-春-野菜類
  • 菜の花
  • えんどう豆
  • たまねぎ
  • アスパラガス
  • 春キャベツ、など

フルーツ

オートクチュールダイエット食事のポイント-春-フルーツ
  • グレープフルーツ
  • デコポン
  • びわ
  • キウイ
  • いよかん、など
食事のポイント:夏

魚介類

オートクチュールダイエット食事のポイント-夏-魚介類
  • うなぎ
  • あじ
  • あゆ
  • いわし
  • しじみ
  • たこ、など

野菜類

オートクチュールダイエット食事のポイント-夏-野菜類
  • 枝豆
  • とうもろこし
  • オクラ
  • ゴーヤ
  • レタス
  • パプリカ
  • なす、など

フルーツ

オートクチュールダイエット食事のポイント-夏-フルーツ
  • さくらんぼ
  • ブルーベリー
  • プラム
  • パイナップル、など
食事のポイント:秋

魚介類

オートクチュールダイエット食事のポイント-秋-魚介類
  • さけ
  • さば
  • さんま
  • かつお
  • かき
  • えび
  • いか、など

野菜類

オートクチュールダイエット食事のポイント-秋-野菜類
  • さつまいも
  • さといも
  • れんこん
  • しめじ
  • まいたけ
  • 人参、など

フルーツ

オートクチュールダイエット食事のポイント-秋-フルーツ
  • なし
  • ぶどう
  • 洋なし
  • いちじく、など
食事のポイント:冬

魚介類

オートクチュールダイエット食事のポイント-冬-魚介類
  • たら
  • はまち
  • ぶり
  • ほっけ
  • まぐろ
  • かに
  • ほたて、など

野菜類

オートクチュールダイエット食事のポイント-冬-野菜類
  • 白菜
  • 大根
  • ごぼう
  • ほうれん草
  • かぶ
  • ブロッコリー、など

フルーツ

オートクチュールダイエット食事のポイント-冬-フルーツ
  • みかん
  • りんご
  • レモン
  • ポンカン、など

オートクチュールダイエット食事のポイント ④

★食事指導内容

  1. 加工食品ではなく、自然な食品を摂取しながら、人間の概日リズムに合わせた食生活を実践。
  2. 太る原因となる老廃物が、体内にどれだけ溜め込められているかを把握して、日々の排泄のサイクルを妨げずに、最も効率よく機能させるための解毒力を高める食事法をご提案。
  3. カロリーや食べる量だけに囚われずに、基礎代謝の8割を占めている内臓の代謝を円滑にすすめさせる食事法をご提案。
  4. 日本人の欧米化スタイルの食生活において、一番、酷使されている臓器である腸の不調を、改善するための食生活を実践。
  5. 体脂肪を燃焼させるために、重要な微量性栄養素のミネラル、ビタミンや、脂肪などの栄養素をしっかり摂取し、代謝の良い体を作る。
ページ上部へ