オートクチュールダイエット 引き締めポイント

オートクチュールダイエット引締めポイント ①

引き締めポイント:背中

脂肪を燃焼するカギは「肩甲骨」にあり! 肩甲骨周辺の褐色脂肪細胞を刺激し、代謝と脂肪燃焼アップ!

肩甲骨の周辺には、脂肪燃焼を促進する『褐色脂肪細胞』が多く点在しています。この褐色脂肪細胞は、体温を上げるヒーターのような役割を果たしています。人間の体温は、1度下がると免疫力が30%低下、脂肪を燃やす力が12%低下すると言われています。褐色脂肪細胞が活性化されると、脂肪を燃やすスイッチが入り、体温が上がり、全身の代謝もよくなるため、ダイエット効果も期待できます。

オートクチュールダイエット引き締めポイント-背中のメソッド(スクリーンショット)画像-DO01
引き締めポイント:ゲッタマン

GETTAMAN’Sアドバイス!

GETTAMANの象徴となっている、ゲッタマン体操は肩甲骨周辺筋群を 動かすことによって、褐色脂肪細胞を刺激し脂肪の燃焼効果を高める体操です。もちろん美しい背中や猫背、肩こり、冷えむくみにも効果的です。あるトップアーティストがゲッタマン体操で背中からのくびれを作ってから、お腹を割らないと、ボディラインが筒上になると言ってくれましたが、正にその通りです。ゲッタマン体操は背中からのくびれを作る意味でも非常に効果的です!

オートクチュールダイエット引締めポイント ②

引き締めポイント:お腹

クビレ速攻!おなかまわりを集中的にサイズダウン!GETTAMAN式ドローインでインナーマッスルを刺激!

おなか周りは、もともと脂肪細胞が多く太いりやすい部位ですが、おなかを引っ込める動作(ドローイン)を行うことで、インナーマッスルの、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋を内側に引っ張り、ウエストを引締めます。GETTAMAN式ドローインは、腹式呼吸を利用した呼吸法を行います。おなかを引っ込める時間が10秒間なので、気づいた時にいつでもどこでも行うことができます。朝起きてベットの中で、仕事や家事の合間に、移動中、テレビを見ながらなど、空腹な状態で行うとさらに効果的です。

オートクチュールダイエット引き締めポイント-お腹のメソッド(スクリーンショット)画像-DO110
引き締めポイント:ゲッタマン

GETTAMAN’Sアドバイス!

お腹には腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋そして腹横筋と4つの筋肉が存在します。各々の筋肉に対して、ピンポイントで刺激を加えることで、絶大なくびれ効果が期待できます。また、腹式呼吸によってお腹の外からのみならず中からも刺激を加えることで脂肪の燃焼効果も期待できます!

オートクチュールダイエット引締めポイント ③

引き締めポイント:美脚

下半身の強化とゆがみを整え、冷え、むくみの予防&解消!GETTAMAN式美脚体操で、きれいな脚のラインを作る!

両脚の付け根(股関節まわり)には、下半身に血液や栄養を送る太い血管や、余分な老廃物を、流すリンパが通っています。座った姿勢が多い現代人は、ご自身の体重で、お尻や太ももの血管を圧迫し、血流が滞り、冷えやむくみを招きます。さらに股関節が開いて骨盤のバランスが崩れると、骨盤のゆがみを誘発し、全身の血流が悪くなり、代謝が落ちて脂肪が燃焼しにくく、太りやすい体質となってしまいます。GETTAMAN式美脚体操では、股関節周辺をしっかりほぐし、下半身の強化とゆがみを整えて、冷え、むくみの予防&解消を目指します。また、O脚やX脚の予防&改善にも効果的です。

オートクチュールダイエット引き締めポイント-美脚のメソッド(スクリーンショット)画像-DO49
引き締めポイント:ゲッタマン

GETTAMAN’Sアドバイス!

ピンヒールやスタイリッシュな靴を履き続けている現代人は、足の裏の、踵から小指にかけての縦のアーチ、そして踵から親指にかけて縦のアーチの両方のアーチが上手く使用できていません。そのため、親指から、小指にかけての横のアーチのみを使用しています。その結果、外反母趾や足首が外側にどんどん開いてしまい、O脚になり、さらに骨盤が、開きぱっなしになって、骨盤の歪み、腰痛、冷えむくみ等の様々な不調の原因となります。GETTAMAN式美脚体操を実践し、キレイな美脚を獲得してください!

オートクチュールダイエット引締めポイント④

引き締めポイント:二の腕

二の腕のたるみを解消!腕の裏側を引締める、GETTAMAN式二の腕エクササイズ

二の腕の筋肉は、毎日の生活の中ではあまり使う事がありません。そのために脂肪も付きやすくなりますが、二の腕は、余っている脂肪をうまく燃焼させることで、すっきりとした腕にすることができます。一度付いてしまうと、なかなか落ちにくい二の腕の脂肪ですが、バリエーション豊富な、GETTAMAN式二の腕エクササイズで、効率良く、二の腕のたるみを解消し、引き締めることができます。

オートクチュールダイエット引き締めポイント-二の腕のメソッド(スクリーンショット)画像-DO93
引き締めポイント:ゲッタマン

GETTAMAN’Sアドバイス!

二の腕には日頃からバックを持ったり、荷物を持ち上げたりするときに使う上腕二頭筋と日頃、あまり使用しない、上腕三頭筋があります。体のなかで脂肪が付着しやすいのは、この上腕三頭筋の二の腕と、太ももの内側(内転筋)です。とにかく、日頃から如何に二の腕を動かすかがポイントです。GETTAMAN式二の腕エクササイズは二の腕に対してピンポイントで刺激を加えていきますので是非、実践なさってみてください!

オートクチュールダイエット引締めポイント⑤

引き締めポイント:小顔

バストトップから上のリンパの流れをよくして 小顔を手に入れる!

私達の体には600以上のリンパ(老廃物を回収する役割)が点在しており、その半数以上が胸から上にあります。リンパの詰りや、首から上に老廃物が溜まると、リンパ液として流れるはずの老廃物がリンパ管にあふれてしまいむくみや、くすみ、たるみの原因となります。リンパの流れをよくするためには、鎖骨、首筋、後頭部など、リンパが滞りやすい部分をしっかりとほぐすことでリンパの流れがよくなります。バストトップから上のリンパの流れをよくしてむくみ、くすみ、たるみを解消し、フェイスラインを整えます。

オートクチュールダイエット引き締めポイント-小顔のメソッド(スクリーンショット)画像-DO68
引き締めポイント:ゲッタマン

GETTAMAN’Sアドバイス!

むくみ、くすみ、たるみ、を解消し、小顔を獲得するには、お顔の老廃物を如何に上手く流すかが重要です!そのための3つのポイントは以下になります。

  1. 人間のリンパの半分が点在する、バストトップから上のリンパを流すこと。
  2. 23個の表情筋の筋膜の癒着をとること。
  3. 23個の頭蓋骨縫合の歪みを整えること。

オートクチュールダイエット引締めポイント⑥

引き締めポイント:からだのむくみ

体液の巡りを良くして、からだのむくみを解消!

「体液」は人間が生きていく上でもっとも大切なものの1つです。特に人間の生命活動に、重要な役割を 果たしている 「動脈」「静脈」「リンパ」「脳脊髄液」は、私たちの体を構成する60兆個の細胞に、栄 養や酸素を届け、不要な老廃物などを引き取り、 最終的に汗や尿、便といった形で体の外に排出するま での流れを担っています。特に、「脳脊髄液」は、頭蓋骨と脊柱の中にある脳や脊髄 を刺激から守り維持する体液です。頭蓋骨から仙骨(骨盤の中央に位置し、頭と両腕を支える背骨の土台となる骨)まで神経の中枢である脊髄 を守るように循環し、神経への代謝を担っていると言われています。 また、耳の後ろや首、鎖骨周辺、わきの下、脚の付け根、ひざの裏などには大きなリンパ節があり、リンパの老廃物が詰まると、免疫機能や 排泄機能がうまく働かなくなり、むくみやセルライトとなって現れ、脂肪が燃えにくく、太りやすくなります。 むくみやセルライトの原因となる老廃物を取り除くには、体液の循環の流れを促して、体のすみずみまで行き渡らせるようにケアすることで、 からだのむくみを解消し、脂肪が燃焼しやすい体を目指すことができます。

オートクチュールダイエット引き締めポイント-からだのむくみのメソッド(スクリーンショット)画像-DO71
引き締めポイント:ゲッタマン

GETTAMAN’Sアドバイス!

からだ全体のむくみを解消するためには、体液の巡りを如何に良くするかがポイントです。 先ずは脳脊髄液。脳を守るために存在する、脳脊髄液は1日に2~3回、循環することによって、 からだ全体の動脈、静脈、リンパといった体液の流れが良くなります。 そして次に、からだ全体のゴミ箱であるリンパの老廃物を日頃からリンパケアによって、 除去することで、むくみ解消に努めてください!

ページ上部へ