【第3回】GETTAMAN健康コラム :健康的に美しく痩せる

 今回のテーマは「ダイエット」です!!

さまざまなジャンルの方々の"ココロとカラダ" をサポートさせて頂いております。

先日、アンチエイジング合宿を、 年間契約をしておりますクライアントの方々と実施しました!

アンチエイジング合宿では、 その人のコンディションにあわせたトレーニングと、 食事においては、炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、 ミネラル、食物繊維などをたっぷりと摂って頂きながら、ある方は4日間で7キロの減量に成功しました。

みなさん、それぞれ本来の適正体重がありますので、 そのセンサーに対してアプローチをすることが出来れば、 体重を減らすことは、それほど難しいことではありません。

一番のポイントは、リバウンドをふせいで、 継続的に適正体重をキープすることです!!

また、目標にあわせて、 ご自身の体重を上手にコントロールすることも大切となります。

例えば、ミュージシャンの場合は、①LIVEツアー活動(パフォーマンスを重視する)、②創作活動(クリエイティブな創造力を重視)、③プロモーション活動(ヴィジュアルラインを重視)と、年間のテーマによって、 目標体重も変化します。

いかに加齢や目的にあわせて、 今までの固定観念を柔軟に手放して、運動、食事、 メンタルにおいて、 その人にあった最適方法に変化させるかがポイントとなります。

最近流行のスムージー、栄養ジュース、酵素ジュースなどは、 もともとアメリカで広まり、リビングフード、 毎日の食卓に生きた食材を取り入れようという考え方で始まりまし た。

とくに日本人の食物繊維の摂取量は、1950年代には20gを超えて いましたが、最近では12g前後まで減っておりますし、 スムージ系のドリンクは適量を飲むことで、 糖質の吸収がゆるやかになり、血糖値の上昇を抑える効果もあり、 日常生活の中に適度に取り入れることは有用だと思います。 しかし、極端な飲み方をすると逆効果となってしまいます。

また、こういった、栄養ジュース系は「噛む」 ということが必要ありません。実は、この噛むことは健康にとって、とても重要です。現代では、昔の日本人と比較しますと1回あたりの食事において、 咀嚼回数がおよそ、6分の1に減っています。噛むことで唾液がたくさん分泌され、 唾液に含まれる消化酵素の働きで、胃腸の負担を軽くするとともに、栄養素が効率よく吸収されます。また、噛むときに筋肉を動かすことで、脳の神経が刺激され、 脳の活性化にも繋がります。

断食道場において、 野菜ジュースのみで何日間も過ごして体重を落とす方法は、 噛むことのメリットを享受できず、 脳の活性化や身体機能の低下が心配されます。そもそも、酵素ジュースや栄養ドリンクは「清涼飲料水」 という規格に分類されますと食品衛生法という規約に従って加熱殺 菌する義務があります。具体的には、65℃で10分の加熱殺菌処理がされています。ところが、一般的な酵素は50~60℃ で酵素としての働きが失われ失活してしまいます。よって、さまざまな栄養ジュースには、ビタミン、ミネラル、 食物繊維などが含まれていますが、 生の食品の代替となるほどの栄養素は含まれておりません。結果として、身体の維持のために筋肉などが分解されてしまい、 一時は痩せるかもしれませんが、 リバウンドしやすい体ができあがってしまいます。

健康的に美しく痩せるのであれば、ご自身にあった最適な運動や、 最適な食べ方を選択することが重要です!!

日頃から、 あなた自身の身体の声と対話できるセンサーをそなえることが大切 です!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

また、更新させていただきます。

365バナー最終
お問い合わせバナー
ページ上部へ